隠岐國学習センター ホーム

スタッフ紹介 Staff

常駐スタッフ

写真:豊田 庄吾

豊田 庄吾(センター長)

リクルートにて人事、人材育成会社ウィル・シードにて電通、三井物産、野村證券、東京三菱UFJ、国交省などの研修講師やトヨタの教育CSRのプログラム作成等を務める。また、経済産業省の起業家教育促進事業で、全国300校以上の公立学校にて起業家精神育成の授業実績あり。

写真:中山隆

中山隆(副センター長)

2015年4月より勤務。主に高校3年生の文系教科の受験指導とAO・推薦受験の指導に従事。前職で身に付けた大学や大学入試に関する知識も十分に生かしながら、授業はもちろん、生徒との日々のかかわりを通して、生徒の進路実現に向けて共に歩む、いや、全力で走る毎日。好きな言葉は、「やればできる,やっただけ」。

写真:澤正輝

澤正輝(キャリア教育主任)

2016年11月より勤務。主に高2生と夢ゼミを担当。私立大学のライティング・センターに勤務し、質問や対話によって一人ひとりの魅力を引き出すことを追求してきた。前職ではホームレス支援に従事し、研究者時代にはジェノサイド予防を研究。豊富な経験を生かしながら、生徒がのびやかに育つ環境づくりに挑戦中!

写真:新立みずき

新立みずき

2016年11月より勤務。主に高校3年生と理科を担当。奈良県生まれの奈良県育ち。大学卒業後、青年海外協力隊に参加。体育教員として東アフリカのウガンダ共和国に派遣され、2年と1ヶ月を過ごす。人対人の深い関わりを大切に、生徒の進路実現に向け、頼れる存在になるべく精進中。

写真:長谷川 大介

長谷川 大介

2016年度長期インターンを経て、2017年4月よりスタッフとして勤務。
主に高1と、高3の専門学校進学・就職組を担当。生徒たちが「安心・安全」に学ぶことができる教育環境を常に模索している。人生テーマは「半学半教」。

写真:塚越優

塚越優

2014年3月大学卒業後すぐに移住。隠岐國学習センターに勤務し、現在は主に高校2年生を担当。生徒と日々共に笑ったり泣いたりしながら、一人ひとりに最適なフォローやサポートを模索し続けている。趣味は旅行と料理。

写真:伊木章子

伊木章子

2015年6月より勤務。総務・経理業務を中心に担当。ローカルに根差した人と環境にやさしい暮らし方・コミュニティのあり方に興味あり。学習センターでは、属性に関係なく多様な人々がフラットに対話できる仕掛けを作っていきたいと構想中。趣味は写真と読書。

写真:石田なつ子

石田なつ子

2016年4月より勤務。担当は総務経理。2005年海士町商品開発研修生として1年間暮らした後、愛知に戻り海士で知り合った夫と結婚。やんわ り主婦をしていたところ、2013年夏,夫から「海士帰ろうと思う」と切り出され再び海士ライフ。UでもIでもなく、鮭ターンと人は言う。わんぱ く盛り2児の母。

写真:髙橋靖乃

髙橋靖乃

2016年4月より勤務。学習センターと魅力化プロジェクト全体の総務を担当。仕事柄、高校や役場にも足を運ぶ日々。北海道出身のため暑さにはすこぶる弱く、島の夏が心配。前職は保健師という異色の経歴だが、「教育」という未知の世界で、生徒・スタッフ・地域に愛される学びの場づくりをひっそりと後ろから、でも全力でサポートすることに挑戦中。

写真:佐藤 美加

佐藤 美加

2017年9月より総務担当として勤務。
宇都宮のIT系企業の営業に12年間携わった後、2017年夏に家族3人で海士町へ移住。
沖縄出身のため島暮らしにはスムーズに溶け込みながらも、学習センターではこれまで接点のなかったハツラツ高校生のパワーに圧倒されつつ、刺激をいっぱい受ける日々。

島外スタッフ

写真:大辻雄介

大辻雄介(ICT教育ディレクター)

大手進学塾・予備校にて算数/数学講師や教室長をしたのち、通信教育会社ベネッセコーポレーションに転職。ICTを活用した教育の事業開発を担当する。いかにして授業が愉しくなるかを追求し、隠岐國学習センターでは数学・現代文を指導する。島の教育のICT活用を推進し「新しい教育の方法論」を企画している。

写真:佐野武

佐野武

2012年3月以来、毎年受験生担当として高3生の教科指導に従事。歴代の個性豊かな受験生と盆暮れ正月を共にし、自律的に学び続ける卒業生として送り出す。専門は宇宙物理だが最近の興味は専ら生物分野であり、脳内宇宙への探究心が止 まらない。趣味は世界観の会話を通じて他人の知的好奇心に火をつけること。

PageTop

隠岐國学習センターへのお問い合わせ Contact

隠岐國学習センターへは
下記のお電話番号かお問い合わせフォームから
お問い合わせください。