隠岐國学習センター ホーム

求人情報 Recruit

 

●長期インターン募集のお知らせ

平成29年度のインターンスタッフの募集を行っています。
詳細は以下のリンク先にある募集要項をご確認ください。

ご応募お待ちしています!

H29年度_インターン募集要項

 

 

【長期インターン経験者インタビュー】

平成28年4月から1年間のインターンに参加している長谷川君に、インターン活動についてインタビューしました。隠岐國学習センターのインターンに興味のある方はぜひ、参考にしてください。

 

・プロフィール 

【名前】:長谷川大介(はせがわだいすけ)

【大学】:龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科

【期間】:平成28年4月~約1年間(4年生)

 

・インターンシップをやると決めたきっかけ

昨年中秋の海士町訪問の際、学習センターのスタッフから長期インターンの募集について教えてもらったことが、直接のきっかけです。

元々は、子どもの貧困問題に取り組むボランティア活動に参加したり、大学で教育社会学を学ぶ中で、いじめ・不登校などの「公教育による不平等」を、教育によって平等にすることが地域の活性にも繋がるのではないかという想いを持っていました。そんな中、たまたま新聞で島前高校の記事を見つけました。その後大学生向けのプログラム「島探究」に参加して高校へ訪問したり、「島会議」というイベントや、海士町の行事にどんどん参加していきました。

島前教育魅力化プロジェクトが目指す教育による地域の活性という点と、これから時代の最先端を走っていこうとする熱意に惹かれ、「自分もここでやってみたい」、「この地域のことをもっと知りたい」と思い、インターンに挑戦することを決めました。

 

・インターンではどんな活動をしていたのか

学習センターの活動は午後から始まります。生徒がやってくる夕方までは、ミーティングや資料作成、授業準備などをしています。夜の時間帯は、主に1・2年生からの質問対応をしています。数学と理科を教えることが多いですが、必要に応じて他の教科も教えています。また教科だけではなく、生徒からは進路、部活や友達関係、恋愛についてなどの相談を受けることもあります。

そのほか、高校とのミーティングへの参加、ICT機器(iPadなど)の運用の支援員、中学校の放課後学習会での指導など、いろいろな活動をさせてもらっています。

 

・インターン期間中、嬉しかった思い出

1番嬉しかったのは、担当している生徒の成長を感じられたときです。

例えば、成績が低めだった生徒の定期試験の成績が大きく向上したことがありました。また、僕が担当しているプログラミング学習に興味を持ってくれた生徒もいて、上半期最期の活動報告会では、たくさんの人たちの前で堂々と発表をして輝く姿を見せてくれ、感動しました。やってよかったなぁと心から思える瞬間でしたし、生徒が応えてくれたことが、何よりも嬉しかったです。

 

・インターン期間中、苦労した思い出

1番苦労したのは、学習センターでの活動に慣れることです。どのインターンもそうかもしれませんが、毎日の活動や生活のリズムに慣れたり、ルーティンを掴んだりすることに苦労しました。

また、学校とのミーティングの議事録の書き方、会議の進め方や、資料の作り方仕事としてのマインドなどを学ばせて貰っていますが、苦労の連続です。最初から何でもできるとは思っていないですし、全部将来のためだと思って日々活動しています。

 

・インターンを経て、成長できたと思うところは?

インターンを始めたばかりの頃は、生徒が質問してきても、何が分からないのかを確認しないまま一方的に教えた結果、結局生徒が分からないという場面がありました。教え方に工夫が必要だと気付き、僕が分かっていて生徒が分かっていないものを、いかに理解してもらうのかを考えるようになりました。今では例えば、紙に書いて問題点を見える化したり、何が分からないかを明確にするような問いを出します。そのようなことを心がけるようになった結果、生徒の理解を深めたり成長に貢献できるようになってきたと感じています。

 

また、インターン8ヶ月目にして思うのは、「自分の仕事はプロジェクト全体のどのあたりに位置づけられるのか」ということを、意識して取り組めるようになったことです。「もっと仕事ができるようになりたい」とは思いますが、その仕事の目的は何かという根本的なことが分かっていないと全部小手先で終わってしまうような気がしていて、インターンなりには考える事ができるようになったのかなと思います。

 

・活動時間以外はどんな過ごし方をしていましたか?

もともと本好きということもあり、午前中は図書館へ行き、午後から出舎します。オフの日も図書館に行きます。図書館ではコーヒーも飲めるんですよ。

あとは、自分が住む地区のお祭に参加したり、他の地域のお祭りを見に行ったりもしますね。地域と関わることで人とのつながりを再発見できたりすることが楽しいです。

 

・最後に、隠岐國学習センターでインターンをしようか悩んでいる方にメッセージを!

多様なキャリアをもったスタッフと共に活動できることが一番の魅力です。日々学んでスタッフの良いところをどんどん取り入れたい、吸収したいと思えます。ぜひ、隠岐國学習センターでインターンをしてみてください。僕の経験談がみなさんの決断の後押しになれば幸いです。

お待ちしております!

PageTop

隠岐國学習センターへのお問い合わせ Contact

隠岐國学習センターへは
下記のお電話番号かお問い合わせフォームから
お問い合わせください。